• ホーム
  • お悩み急増中!女性が薄毛になる原因

お悩み急増中!女性が薄毛になる原因

髪が薄い男性

誰でも年を取れば若い頃よりも髪の毛が細くなり多少薄くなるものです。
ただ、まだ20代30代のうちから薄毛が目立ち、地肌が透けて見えるようなら軽視は禁物です。
男性と同じように女性が薄毛になる原因にも色々考えられますが、女性はFAGAと呼ばれるびまん性脱毛症になるケースが増えています。

部分的にハゲてしまう男性型脱毛症とは違い、髪の毛が全体的に抜け落ちてしまう症状に見舞われます。
生え際だけが後退することもなく、髪全体が抜けて薄くなるのが特徴的です。

FAGAを発症する原因として加齢の他にも極端な食事制限、ストレスや過度なヘアケアなどが指摘されています。
ピルを服用した影響で髪の毛が抜けることもあります。
40代以降の中年期に突入すると誰でもびまん性脱毛症になる可能性がありますが、最近は加齢以外の原因で薄毛になる女性が増え20代前半でFAGAと診断される患者さんも珍しくありません。

食生活の偏りや運動不足による血行不良など普段の生活習慣もFAGA発症と密接に関わっていますが、カラーリングやパーマのやりすぎで発症するケースもよくあります。
ポニーテールやお団子ヘアなど髪を強く引っ張る髪型を長年続けたせいで髪が全体的に薄くなってしまう可能性もあります。

数年前からブームになっているヘアエクステンションも髪の根元に強い負担をかけるため、頭皮や毛根に持続して強い負荷をかけないよう髪型にも気を配らなければいけません。
同じ髪型を何年間もしている方も、頭皮の同じ部分にだけ負担がかかっている恐れがあるので定期的に髪型を変えることが大切です。
髪を強く引っ張ることで髪が抜ける場合、牽引性脱毛症と診断されます。

牽引性脱毛症はびまん性脱毛症とは異なり、髪全体が薄くなるのではなく分け目部分や生え際の脱毛が進行します。
髪の抜け方によって抜ける原因を予想しやすいので、髪のボリュームダウンが気になる方は現在の状況を正確に把握しておきましょう。
鏡を使って頭頂部など薄い部分を探り、脱毛症の種類を突き止めることが大切です。

女性の薄毛に効果的な治療はあるのか?

女性のハゲ対策方法、治療法はたくさんありますが、脱毛症の種類や症状によって適切なアプローチ方法を選ぶことが重要です。
例えばFAGAならパントガールという医療用サプリメントによる治療法を提案されることが多いでしょう。

女性にとって男性型脱毛症の対策薬プロペシアは禁忌で、妊娠中の女性は薬に触れてもいけません。
妊娠中に有効成分を摂取してしまうと男児の生殖器に異常が生じてしまうからです。
口から服用するだけではなく、触れるだけでも経皮吸収してしまう恐れがあります。
薬に触れた時有効成分が指に付着し、そのまま食事の時などに口の中に入る可能性もあるので配偶者や恋人がAGAの治療中なら細心の注意を払う必要があります。

パントガールは女性に禁忌のプロペシアとは異なり、非常に安全な成分で構成されているサプリメントです。
髪の毛や皮膚の組織を正常に保つためのパントテン酸カルシウム、毛髪の主成分になるアミノ酸のシスチン、タンパク質のケラチン、髪質を健やかにするためのビタミンB群など髪と頭皮の環境を改善する栄養分がたくさん凝縮されています。

パントガールの費用は治療するクリニックによって差がありますが、5000円から7000円ほどが相場になっています。
ほとんどの病院では初診の時に血液検査なども行うので、その分の費用も計算に入れておきましょう。
有料のところと無料のところがあります。

その他、自毛植毛や頭皮に直接毛髪の再生能力を高める栄養を注射するHARG療法などもありますが、サプリメントを飲む治療法と比べると費用がかなり高くなります。
痛みを伴う治療法も多くダウンタイムもあるので、深刻な副作用がないサプリメント療法が今のところ最善の治療法と考えられています。