• ホーム
  • プロペシアジェネリックの購入方法は?

プロペシアジェネリックの購入方法は?

脱毛を気にする男性

男性型脱毛症が原因の薄毛治療においてよく行われているのは、5α還元酵素を阻害してAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの生成を抑えることによって、徐々にヘアサイクルを正常に戻していく治療です。
プロペシアはこの治療効果を得ることができる医薬品で、多くのAGA専門クリニックで処方されています。
2005年12月に発売してからしばらくの間、内服タイプのAGA治療薬はプロペシアが唯一のものでしたが、2015年以降に国内の製薬会社から続々とプロペシアジェネリックが販売されるようになりました。
2018年4月からプロペシアは仕入れ値が上がった影響で薬局での価格の値上がりが続いており、患者の中には値上がりを機に常用するAGA治療薬をプロペシアジェネリックに切り替える人も少なくありません。

そんなプロペシアジェネリックの購入方法には、AGA専門クリニックで処方してもらう方法と個人輸入代行業者を通じて手に入れる方法の2つがあります。
このうち、無難かつ安全に手に入れられるのはクリニックで処方してもらう方法です。
プロペシアを取り扱っているクリニックの中にはジェネリックも扱っている所が非常に多いので、医師に相談すればすぐに処方してもらうことができるでしょう。

一方、自分で治療をしていきたい人や薄毛治療にお金をかけたくない人は、個人輸入代行業者が運営している医薬品の通販サイトを利用するのがおすすめです。
プロペシアジェネリックは多くの通販サイトで扱っているので、価格を比較して安く手に入れられそうな所から注文をすると良いでしょう。
ただし、医薬品副作用被害救済制度の対象とはならないため、服用開始後に副作用が生じた場合に症状を改善する際にかかる費用は全額自己負担となるので注意が必要です。

プロペシアジェネリックは有効成分であるフィナステリドが先発品と同量含まれており、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果は理論上で先発品とまったく一緒です。
もちろん副作用も理論上で全く一緒であるため、プロペシアジェネリックを用いた薄毛治療は、先発医薬品と同じ点に注意していれば特に問題が起こらずに行うことができるでしょう。

プロペシアジェネリックの種類とお値段

今日では世界中でたくさんの種類のプロペシアジェネリックが販売されていますが、その中でも比較的良く知られているのがエフペシア、フィンペシア、フィナロの3種類です。

エフペシアとフィンペシアは、どちらも同じインドの大手製薬会社によって開発されたプロペシアジェネリックです。
違いはコーティング剤に使用されている成分で、フィンペシアにはキノリンイエローと呼ばれる発がん性が指摘されている水溶性の色素が使用されていますが、エフペシアでは使用されていません。
通販サイトにおける1箱100錠入りタイプの価格を比較すると、エフペシアが2900円前後なのに対して、フィンペシアは2900円から5900円程度となっていて差がありますが、それでも100錠分を揃えようとすると1万数千円程度の費用はかかる日本製のプロペシアジェネリックよりはかなり安くなっています。

一方、フィナロはフィンペシアとは別のインドの製薬会社が開発している製品です。
この会社もインド国内では大手の一角をしめており、国外での品質に対する評価も高いです。
通販サイトでの1箱100錠入りタイプの販売価格は、最も安い所だと2400円程度、最高値でも6500円で、こちらも日本製の後発医薬品よりずっと安く手に入れることができます。

日本製のプロペシアジェネリックの価格は、現在のところ先発医薬品の3分の2程度です。
多くの医薬品と同様に、今後薬価の改定を何度か経ることで値段が下がる可能性がありますが、現状ではお金をかけずにAGA治療をしたい場合は外国製のものの中から選ぶしかありません。
プロペシアジェネリックの価格は頻繁に変わるので、外国製医薬品の通販サイトはこまめにチェックしましょう。