• ホーム
  • ミノキシジルの発毛効果と副作用

ミノキシジルの発毛効果と副作用

髪に悩んでいる男性

薄毛の治療に用いられている成分にミノキシジルがあります。
元々は高血圧の治療薬として開発された内服薬でしたが、患者に多毛の症状が見られたことで、薄毛治療に使うための外用薬が開発されました。
ミノキシジルの効果は血管を拡張して血流を改善したり、成長因子を促進することで抜け毛を抑制したり発毛を行えます。

基本的な使用方法は育毛剤を頭皮に塗るもので、日本でも処方なしでドラッグストアなどで購入できるものがあります。
ただし、市販の育毛剤でも副作用があるので注意しましょう。
成分が肌に合わずに頭皮が荒れることがありますが、これはミノキシジルだけでなく他の成分が原因になっている場合もあります。
血圧が下がることもありますが、これは前述したようにミノキシジルの作用によるものです。
もし異常を感じたときにはすぐに利用を中止して医師に相談した方が良いです。

育毛剤は手軽ですが、頭皮から吸収させるのであまり効果が感じられないことがあり、タブレットで内服するケースも多いです。
ミノキシジルを内服すると血液を通して成分が全身に届くので、育毛剤よりも効果は高くなります。
ただし、タブレットは高血圧の治療薬であることが問題です。

高血圧の治療を行っている場合、その薬と相互作用で血圧が下がり過ぎる恐れがあります。
全身に成分が届くので発毛を頭皮に限定できないことも問題で、全身の毛深さと薄毛の改善のどちらかを選ぶことになります。
国内では未承認の治療薬なので個人輸入で購入しますが、海外でも薄毛の治療薬にはなっていないことにも注意が必要です。
説明書きは高血圧に対するものなので、その用法用量は過剰摂取になります。
適切な使用量は専門クリニックで医師の指導を受ける必要があります。

ミノキシジルは主に発毛に効果のある成分であり、抜け毛の抑制では不十分です。
そのため、AGAの治療効果を高めるためにフィナステリドを有効成分とするプロペシアを併用することも多いです。

フィナステリドの治療効果と服用方法

ミノキシジルと併用されることのある成分であるフィナステリドは、一般的には医療機関で処方されるプロペシアを服用します。
この成分は男性ホルモンを薄毛の原因となるDHTに変化させる作用のある5α還元酵素の働きを阻害できる効果があり、抜け毛の抑制が可能です。

服用方法はフィナステリドを1日に1mgを上限にして使用します。
副作用のある成分なので、気になる場合は量を減らして試してみると良いでしょう。
過剰に服用しても効果が高くなるわけではなく、副作用の発生率が上昇するだけなので注意します。

量を減らす場合には1錠に含有されるフィナステリドが0.2mgのものを処方してもらうのが適切です。
1mgのものをピルカッターで分割して服用することもでき、同居する家族がいない場合はこれでも問題はありません。
しかし、皮膚からも吸収される成分なので、家族がいると飛び散った破片などから吸収されて影響が出る恐れがあります。

特に妊婦や授乳中の場合には触れることも禁忌とされています。
母体から胎児に伝わり、子供の性器の形成に影響して奇形になる懸念があるためです。
また、摂取量の上限は成人男性に対してのものであり、母乳を通して赤ちゃんに伝わることを防ぐため、このような注意喚起がされています。

用法用量を守っていても勃起不全や性欲減退、精子の減少や乳房の女性化等の副作用が出ることもあります。
異常を感じたときには医師に相談しましょう。

このようにフィナステリドは抜け毛を抑制する効果のある治療薬ですが、発毛を促進する効果はありません。
そのため、発毛作用のあるミノキシジルと併用することで互いに不足している効果を補えるため、高い治療効果を得られます。