• ホーム
  • 頭皮のかゆみにはケトコナゾールが効く?

頭皮のかゆみにはケトコナゾールが効く?

一般的なシャンプーを使って毎日きちんと洗髪してもなかなか改善されない頭皮のかゆみやフケに対して優れた有効性を発揮するのがニゾラールシャンプーです。
ニゾラールシャンプーは有効成分ケトコナゾールが持つ高い抗真菌作用をもたらして頭皮のかゆみやフケの原因となる脂漏性皮膚炎を改善させ、DHTことジヒドロテストステロンの発生を抑える効果によって皮脂の過剰分泌を防ぐことができます。
近年では皮脂の過剰分泌を抑制する効果が薄毛対策にも役立つことへの期待も高まるようになりました。

頭皮にしつこいかゆみやフケを発生させる脂漏性皮膚炎は、マラセチア菌と呼ばれるカビの一種が増殖してしまうことで生じます。
カビは専門的には真菌もしくは菌類という名称となりますが、真菌が増殖することで皮膚が刺激を受けて、頭皮が炎症を起こすことでかゆみやフケのほか湿疹や抜け毛といった頭皮や髪のトラブルに発展してしまいます。
ニゾラールシャンプーに含まれているケトコナゾールの高い抗真菌効果で頭部に繁殖したマラセチア菌による悪影響を抑制し殺菌することが可能となっており、使用を継続的することで真菌の増殖を予防してかゆみやフケなどの頭皮トラブルが起こりにくい状態に導きます。

ニゾラールシャンプーの有効成分ケトコナゾールには脱毛を引き起こす男性ホルモンを抑制する効能も持っており、薄毛の原因となっているAGAこと男性型脱毛症にも効果をもたらすとされ、AGA治療の補助にも有効と考えられています。
育毛治療を受ける上でも脂漏性皮膚炎による抜け毛をケトコナゾールが防ぐことによって、現在生えている髪を守ることは薄毛改善サポートに欠かせません。
ケトコナゾールを2パーセント以上含有しているシャンプーは医師の処方が必要となっており、ニゾラールシャンプーはドラッグストアや一般的なネット通販では購入することはできないため、病院へ行く以外では個人輸入代行の通販ショップを利用して購入することになります。

頭皮のかゆみの原因

ニゾラールシャンプーに含まれる優れた抗真菌作用を持つケトコナゾールは、頭皮のしつこいかゆみやフケ、湿疹などの症状を改善に導くだけではなく、男性ホルモンの抑制や脂漏性皮膚炎による抜け毛を防止することで薄毛治療のサポート役としても注目を集めています。
ニゾラールシャンプーが必要なほど深刻な頭皮のかゆみは、単なる日常の髪の汚れが原因ではなく頭皮で過剰な皮脂分泌が起こったところにマセラチア菌と呼ばれる真菌が増殖し、皮膚に炎症が生じて脂漏性皮膚炎となってしまうことで起こります。
いったん脂漏性皮膚炎になってしまうと放置したままでは改善せず、一般的な市販のシャンプーでは原因菌であるマセラチア菌の抑制や殺菌は不可能とされます。

脂漏性皮膚炎は軽度のうちは頭皮のかゆみやフケといった症状のみですが、自然治癒は難しいため放置したまま慢性化してしまうと頭皮がフケで覆われるような状態となって頭皮そのものが硬くなったり、症状が顔や首などに及んでしまうこともあります。
脂漏性皮膚炎は一度発症してしまうと慢性化する傾向があり、市販のシャンプーではこまめに洗髪してもマセラチア菌対策には役立てられないことから、ケトコナゾール配合のニゾラールシャンプーのような高い抗真菌作用を持ったシャンプーで根本から改善して行く必要があります。

マラセチア菌の栄養源は頭皮の脂腺から分泌される皮脂で、分泌される皮脂量が多くなるほどマラセチア菌も増殖して行きます。
過剰な皮脂分泌は糖分や脂肪の多い食品やコーヒー、アルコールのほか香辛料の刺激のよっても活発化するとされ過労やストレス、睡眠不足なども皮脂分泌を増やす要因になると考えられることから、食事に気を付けた規則正しい生活も脂漏性皮膚炎の予防と改善に役立ちます。