• ホーム
  • AGAは治るのか?その原因と治療方法

AGAは治るのか?その原因と治療方法

脱毛に悩む男性

AGAは完治しません。
AGAそのものを投薬やなんらかの治療で完治させるということはできませんので、脱毛の進行を止めたいのであれば薬を継続して服用するなど治療を継続するということが必要になります。

AGA治療における目的は、現状維持や進行を遅らせることです。
抜本的な治療はありません。
脱毛を引き起こす原因は変異した男性ホルモンであり、変異が起きないようにしたり、減るようにするための薬が処方されます。
男性ホルモンが脱毛を促す物質に変わるのを阻害する薬を服用するため、効果を得るためには継続して薬を服用することが必要です。

髪はすぐに生えてくるわけではありません。
生えるまでには時間がかかりますし、生えては抜けるというヘアサイクルを繰り返しているため治療を始めても抜ける髪はあります。
そのため、治療の効果を実感するには早くても3カ月程度は必要です。

効果が現れても、その状態を維持するためには治療を継続することが必要になります。
薬の服用を止めると男性ホルモンが脱毛を促す物質に変異してしまうため、再び薄毛が進行するからです。
注意しなければいけないのが、AGAになるとヘアサイクルが短くなり、十分に育たない髪が抜けるという点です。

毛母細胞にも寿命があるためヘアサイクルは永遠に繰り返されるわけではありません。
放置すればするだけ短いヘアサイクルにより毛母細胞の寿命がどんどん短くなっていきます。
現状維持や進行を止めるという状態で満足できない方は多いです。
しかし、その状態でも治療の効果は現れています。

AGAになるとヘアサイクルが短くなり、毛母細胞の寿命が無駄に消耗されます。
そのため治療は早めに取り掛かるほうが効果的です。
髪が十分に残っている初期脱毛のうちに治療を始めるほうがハゲる可能性も低いですし、回復も早くなります。
プロペシアの服用などの治療によって育毛効果が期待できますので、気になるのであれば早めに専門の病院を受診するとよいです。

プロペシアが利かない人の特徴

プロペシアを服用しても育毛効果を得られないという方もいらっしゃいます。
プロペシアが効かない人の特徴して考えられるものとしては、AGAによる脱毛ではない、薄毛の期間が長すぎて効果が薄い、プロペシアに対する感受性がもともと低い、などといったことがあげられます。

プロペシアによって得られる効果は、2型5αリダクターゼの酵素活性を阻害するという働きであり、男性ホルモンが原因となるAGAが治療の対象です。
そのためAGAにしか効果がなく、AGAではない方がプロペシアを服用しても効果はありません。

AGAで薄毛になっている人でもプロペシアが効かない場合があります。
それは長期に渡って治療せずに放置していた場合です。
症状が出てから期間が経ち過ぎているとプロペシアは効きません。
長期間放置していると毛母細胞の元である毛包幹細胞そのものが老化してしまいます。
老化してしまうと分裂が行われなくなってしまうため、髪が作られなくなってしまいます。
その状態からプロペシアで育毛をしようと思っても無理です。

プロペシアによる育毛を期待するのであれば、初期脱毛のうちに取り組むのが賢明です。
効果が期待できなくなる時期についての目安は一般的に症状が出始めてから5年です。
5年以上放置してからプロペシアの服用を始めても効果は期待できません。
プロペシアによる治療の効果を期待しているのなら、初期脱毛のうちに始めるとよいです。

遺伝的にプロペシアに対する感受性がもともと低いという方もプロペシアが効かない人の特徴です。
遺伝的に感受性が低いかどうかは、検査で分かります。
感受性が低い方がプロペシアによる治療を続けても効果は期待できません。
他の治療法を探すのが賢明です。